緊張型頭痛の痛みは辛い【心身のストレスを緩和して改善しよう】

頭痛

頭痛の解消方法

先生

頭痛の症状が起こっていても、仕事を休むことができないという人が少なくありません。多くの人は市販の頭痛薬を飲んで何とかやり過ごそうとしますが、市販の頭痛薬では鎮痛効果が得られない種類の頭痛もあります。また、頻繁に頭痛薬を飲んでいると、薬が効かなくなってしまうだけでなく、薬物誘発型の頭痛になってしまうことがありますので、注意が必要です。一般的に緊張型頭痛という名前で呼ばれている頭痛の場合は、市販の頭痛薬の服用で症状を軽減できることが多いです。ただし、素人判断で頭痛薬を多用しているうちに、突発的な緊張型頭痛から治療が困難な慢性頭痛に移行してしまうケースが多いため、頭痛治療の専門医に早めに診てもらうようにするのが望ましいです。近年になり、薬物誘発型頭痛に対する一般の認知度がかなり高くなってきたため、市販薬を素人判断で服用したりせずに、最初から医師の診察を受ける人が増えてきました。健康問題に対する人々の関心が高くなっていますので、今後は医療機関で頭痛治療を受ける人が増えるだろうと予想されています。

緊張型頭痛の痛みは、頭を締め付けられるような、ズーンとした重い痛みだと表現されることが多いです。偏頭痛のようにズキズキとした強い痛みが起こるわけではありませんし、吐き気などの副症状が発生することもほとんどありません。そのため、緊張型頭痛の症状が起こっていても、市販薬でごまかしながら普段通りに活動している人が多いです。先程も述べたように、緊張型頭痛の痛みは市販の頭痛薬で抑えることができます。ただし、薬に頼りすぎるのは危険ですので、薬以外の方法で対処することを心がけるようにした方がよいです。この緊張型頭痛が起きた場合は、頭を冷やすのではなく、温めるようにするのが効果的です。痛みの症状が起こっている部分だけでなく、目の周りや首、肩なども温めると、早く痛みが治まります。また、それほど体が辛くない場合は、手足を屈伸したり、そこらへんを歩き回ったりするとよいです。全身の筋肉がガチガチに凝り固まって血行不良に陥っているケースが多いので、軽い運動をして筋肉を柔らかくほぐしてやるだけで、痛みが軽くなります。