緊張型頭痛の痛みは辛い【心身のストレスを緩和して改善しよう】

先生

慢性的な頭痛の代表格

頭痛

慢性的な頭痛はそのほとんどが緊張型頭痛とされています。精神的なストレスや肩こりが原因となるので、適度に気分転換をすることが大切です。また、温かいお湯に浸かるというのもとても効果的な対処方法です。リラックスすることでストレスを緩和し、血行促進することで肩こりを解消して緊張型頭痛を改善してくれます。

Read More...

緊張型の頭痛

頭痛

緊張型頭痛とは、頭の周りを何かで締め付けられるような痛みが走るもので、時間としては30分くらいから長いと1週間ほど続く病気です。緊張型頭痛の主な症状として、同じような痛みが毎日起こる、頭全体が締め付けられるように痛む、頭全体や後頭部、首筋を中心に痛む、家事や仕事などで体を動かすと多少痛みが軽くなる、頭痛以外の症状としては、ふわふわしためまいや肩・首の「こり」が起こる、といったものです。緊張型頭痛発生の要因としては、身体的ストレスと精神的ストレスが考えられ、これが重複すると重症化することもあるようです。身体的ストレスとは、じっとした姿勢を長く続けることや体を冷やすことによる影響が考えられます。現代人はどうしても仕事上でパソコン使って作業したり、長時間の通勤電車、スマホ操作を長時間するなどの場合が多くなりがちです。そのような状態が続きますと、首筋から肩にかけての筋肉が凝り固まりまたは、収縮し、頭痛を引き起こすことになりかねないと考えられています。

身体的ストレスとも精神的ストレスともに影響するのが、睡眠不足です。精神的ストレスにより、睡眠不足が起こり、これが身体的ストレスとして、体にどんどん疲れが蓄積していくことは、この緊張型頭痛を進行させる大きな理由の1つとなりかねません。緊張型頭痛は、このようにして筋肉の緊張などが続く、悪化することによって起こると考えられています。筋肉の緊張によって、血流が悪くなり、筋肉の中に老廃物である乳酸などが溜まっていきます。この老廃物が筋肉周りの神経を刺激し、痛みを発生させているようです。また、精神的ストレスは、筋肉の緊張を引き起こさなくても頭痛を引き起こすことがあります。これは、脳の中の痛みのコントロール機能が働かなくなり、筋肉が緊張していないのに頭痛を引き起こすという仕組みです。治療方法としては、実際のところ鎮痛剤を処方されるのが通常の診察となります。ただし、前述の身体的ストレス及び精神的ストレスそのものを解消することが根本的な治療となります。これを解消することは確かに大変ですが、1日の中で多少リラックスした時間を持つことも大事なようです。

頭痛の解消方法

先生

緊張型頭痛というのは、筋肉のコリが原因で引き起こされる重い頭痛のことを指します。偏頭痛のように寝込んでしまうほどの強い痛みが起こるわけではありませんが、頻繁に市販の頭痛薬を服用していると慢性頭痛に移行してしまう可能性がありますので、注意が必要です。

Read More...

頭痛に関しての予防策

病院

スマホやパソコンが爆発的に普及し、現代人を悩ませている頭痛。その中でも、緊張型頭痛に悩ませられている人は多いようです。ただ、安易に緊張型頭痛と決めつけないで、まずは、専門医にみてもらい、その後対処法を、決めてみてはいかがでしょうか。

Read More...

不規則な生活が理由となる

病院

緊張型頭痛は、体全体に力を入れ過ぎてしまった時に起きる痛みです。吐き気がなく、痛みの変化がない時は様子を見ると自然と消えてどうもなくなるのが特徴なのです。普段から、力を抜く癖をつけておくとこの様な信号を長く起きることから逃れることが出来るのです。

Read More...

どういうものなのか

辛い

緊張型頭痛というのは、慢性頭痛の中でも最も多い頭痛です。慢性的なものの8割以上が、緊張型頭痛といわれているのです。これは身体的ストレスや精神的ストレスが主な原因とされており、生命の危険がないのが通常です。

Read More...